FC2ブログ

アルバイト・小遣い稼ぎ

WebDo電子書籍










WebDo Store










FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PlamoWeb2.0 がリニューアルして帰ってきました! その名もPLAMO Χ 11/21販売開始されました!
最初の200個はリニューアル記念特別価格です。

PlamoXは『アフィリエイト次世代兵器』と称されるだけあって、キーワードを入力するだけで高品質なアフィリエイトサイトを次々と量産します。
楽天、AMAZON、電脳卸などから自分のアフィリコードを含んだリンクを自動取得し、ホームページに自動でレイアウトしてくれます。
また、WIKIPEDIA、Googleニュース、教えてGooなど10種類以上のサイトからキーワードにマッチした情報を取得します。あのYouTubeからも簡単に引っ張ってきます。
もちろん自分で文章を書くこともできます。
あなたのライフスタイルや目的に応じて、どちらが適しているかを判断されると良いでしょう。
趣味のホームページを作って少しお小遣い稼ぎできればいいかな、アフィリエイトサイトを量産したいという方にはPLAMOXがお奨めです。

でもPlamoも所詮はツールだということです。
ツールは作業負荷を軽減するために利用します。あるいは知識不足を補うために利用します。
稼ぐためのしくみは自分で構築しなければならないということです。
ニーズにあったキーワードなど自分である程度は考えて作っていかなければいけません。
それでもPLAMOX
はよくできた最強クラスのツールだと言えるでしょう!

ご購入はこちら↓

PLAMOX




PLAMOX
はもともと非常に高機能なサイト生成システムでしたが、

今回の大幅リニューアルによって、本当に「強力」なものになったと思います。

僕たちサイトアフィリエイターにとって、安定した収益を上げるためには、

どうしても「サイトの数」というのが、ある程度必要になってきます。

また、無料ブログだけではなくて、自分のサーバーやドメインを用いた、

ホームページ型のサイトというのも、やはり長く稼ぐためには必須と言えるでしょう。

しかし、これらの点をカバーするためには、

やはり最低限の知識や経験(HTMLなどについての)が必要となり、

初心者アフィリエイターにとっては、この点がひとつの「壁」になっていました。

この「壁」を壊し、サイト作成にかかる労力を大幅に減らしてくれるアイテムとして、


PLAMOが登場した時の衝撃は、今でもよくおぼえています。


しかし、そんなPLAMOにも弱点はありました。

サイトの仕様が「動的」であるということから、販売開始当時に比べ、


検索エンジンにクロールされにくくなってきたということです。



これはサイトを量産するにあたって、非常に重大な問題であり、


どうにか改善を望む声が増えいていたのも事実です。



そのようなユーザーの声に応えて、大幅な進化を遂げたのが、

「3つのメイン機能」を備えた新PLAMO Xです。



従来の「動的サイト生成」に加えて、

  ■「静的サイト」の生成

  ■「MTインポート形式」での記事の抽出

という、多くの既存ユーザーが望んでいたものを、見事に実現してくれました。


さらに、作るサイトの用途に合わせて、適切なデザインが組めるようにと、


デザイン面でもかなりの改良が加えられています。



1カラムのシンプルな物販型サイト(レター型サイト)はもちろん、


アドセンスのクリック率を高めるための効果的な広告配置なども簡単で、


もしPLAMOを使いこなすことが出来るならば、活動の幅は一気に広がるでしょう。



今回のリニューアルによって、本当に広い範囲で、


色々なアフィリエイトに応用が出来るようになったと、僕は考えています。


僕はこれまでに、たくさんの自動系ツールを見てきましたが、


そのほとんどが、一過性のものに過ぎず、すぐに消えていきました。

今でもしっかりとユーザーのことを考え、


進化を続けているツールというのは、PLAMO以外にはあまり知りません。


ただ自動化を謳っただけの、稼げないお手軽系ツールではなく、


本当の意味で、サイトアフィリエイトに役立つ「真・システム」として、


ユーザーの期待に応え、これからも進化していくことを期待しています。

  ご購入はこちら↓

PLAMOX






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。